忍者ブログ
平成21年5月22日~
05≪ 2017.06|123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
2017/06/25 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/05/22 (Fri)
Trackback(0) Comment(0)
ブログを移転しました。
旧ブログ http://blog.livedoor.jp/m_satoshi4/

昨日21日から裁判員制度が始まったわけですが、それに先駆けて私は裁判の傍聴に行ってきました。
部活に顔を出した後、昼頃に東京地方裁判所へ。一応スーツで行きましたよ。
大体は午前中に終わってしまうのかと予想していたものの、開廷表を確認したところ午後からの公判も結構あることがわかり早速傍聴へ。
まずは簡易裁判所で行われる「窃盗」の初公判を2本。続いて「暴力行為等処罰に関する法律違反」の判決。
内容は割愛しますが、メモをとりながら真剣に傍聴。退廷の時に手錠をかけられる被告人の姿を見て衝撃を受けました。
やはりどうしても被告人のことが気の毒に思われてしまうんですね。私はまだ2年ほど先のことですが、果たして裁判員は被告人を前に的確な判断を下すことができるんでしょうか。
もちろん扱われる事件の規模は全く違うわけですが、気になるところであります。

続いて、民事になりますが「退職金等請求」第一回口頭弁論を傍聴。
開廷前、原告側代理人と書記官が何やら話し込んでいました。
その時から少し異質な雰囲気はあったんですが、裁判官が入ってきて「準備書面が送達されていないため本日は訴訟行為は行えません」と告げた瞬間、原告側代理人が激昂。その後は結局原告側が裁判官に対して一方的に発言を続け20分程で閉廷。
裁判官が「そんな言い方せずに進行には協力してくださいよ」「言いたいことがいっぱいあるのはわかるんですが裁判所に仕切らせて頂きたいなと」「それはどうでもいいんですが」「あなたの方が法律に詳しいかもしれませんので、私も教えて頂きたいんですが」等と発言。
何だそりゃという感じでしたが中盤からは請求内容も把握できてきて、初めてにしては中々に面白いものを見ることができました。

今回法廷に足を運んだことで、裁判が身近に感じられるようになったような気がします。
これからも授業のない日にはどんどん出かけていきたいなと。
みなさんもぜひ傍聴に行かれてみてはいかがでしょうか。
法廷でお会いしましょう(違
PR
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
最新コメント
[08/25 大曽根線]
[06/09 satoshi]
[06/07 ADC]
最新記事
最新トラックバック
(10/04)
プロフィール
HN:
satoshi
HP:
性別:
男性
職業:
法学部生
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
Copyright © 茨城中央交通業務日誌2冊目。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT.
忍者ブログ [PR]